トップ > [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト )

list 国会図書館 [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

(公式)国立国会図書館は、国会に属する唯一の国立の図書館です。国会法第130条の規定に基づき、国立国会図書館法により設置されています。「議員の調査研究に資するため、別に定める法律により、国会に国立国会図書館を置く。」(国会法 第130条)

list Japantouring [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

(公式)Welcome to Japantouring!(管理人)海外へ向けた日本の観光をスポットを紹介するサイト。[英語表記]※15年以上の時を経て再起動した様子。勤め人時代に通訳をしてくれた親日家パーカーさんのサイト。

list チェコ共和国:Lidick SVCルジャンキ [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人)

(管理人)チェコ共和国ブルノ市にあるルジャンキ公園を運営している組織。2018年4月に開催された泰永書展の開場となった ネオ・ルネッサンス・パビリオン の運営団体。

list 【閉鎖】Deai: A Japan Odessey [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

【閉鎖】嘗て日本と海外の交流ポータルサイトでした。その前は JapanTouring というサイトでしたが全面リニューアル。(記録としてアドレスを保存しております)>2019年 JapanTouring は新生。

list オープンテキスト有限会社 [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

.comでしたが諸事情により.netになりました。まだ整備中です。元記事>フォントの制作会社。本来はコード変換が得意なのです。GT書体を手がけ、GT書体専用の検索ソフトを販売。

list JFONTS協議会 [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

【仮置場】公式サイト(http://www.jfonts.or.jp/)運営終了に伴い、仮住いの場としてWordPress内に設置。(元記事)元TrueType協議会。2017年まで公開されておりましたがドメインは閉鎖されました。

list 藝文会(げいもんかい)ホームページ [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

2015年7月に結成された、表現活動者にとってのサロンに相当する団体、藝文会(げいもんかい)ホームページ。(12月時点工事中)私もいち創設会員として参加させて頂いております。

list Duckwalk 公式サイト [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

インディーズ音楽レーベルDuckwalkの公式サイト。代表は本名カズト。記事の更新はfacebookにて行っております。

list 泰永会ホームページ [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

2016年8月末に開設された、野尻泰煌を代表に据える書道会「泰永会(泰永書会」のホームページ。書芸術を標榜する書団体。テーゼは、古典に立脚した指導を根幹に据え、民族的背景を踏まえた上で人類普遍の美の境地を模索している。

list 美苑-bion- [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

写真家である松里浩義氏のサイト。私の兄でもあります。自分撮影を得意とし、就職サイトでの人物、ブライダルでのカップル等1000を超える。個人の活動としては風景が多く、独特な感性で切り取る。他に、食品サンプルや美術作品の撮影をもこなす。藝文会創設会員の一人。

list 翠甫.net [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

写真家を父にもち、師が野尻泰煌の翠甫のホームページ。作家活動の足跡を記録。

list MASATO創作の部屋 [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

藝文会2016年加入の二十代。小説の分野で発表を予定。

list Books.or.jp [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

(公式)Booksとは国内で発行され、現在入手可能な書籍を収録する書籍検索サイトです。Booksの収録データは、各出版社から提供いただいている書籍情報を、日本書籍出版協会の「データベース日本書籍総目録」 に蓄積し、そのうちの入手可能な既刊分、約98万点です。(2018/3/19時点)データは日次更新しています(土日祝祭日をのぞく)。価格表記「税込」は、本体価格に消費税8%を加えた額を表示しています。

list 日本図書コード管理センター [ [ 松里鳳煌 ] > ( 関係サイト ) ] 管理者:管理人

(公式)日本の出版界が書籍の標準識別番号としてISBNコードを導入してから30年が経過しました。この間出版界を取り巻く環境は大きく変化していますが、情報処理技術の進展とともにISBNへの信頼と依存度はいっそう高まり、利用する出版者の裾野はますます広がっています。ISBNは国際規格です。利用する出版者は、ISBN国際本部機関が定めたルールに沿って運用しなくてはなりません。日本図書コード管理センターは、ISBN国際機関(本部ロンドン)との契約に基づいて日本国内におけるISBNの発行と運用管理を独占的に委任された唯一の機関です。ISBNに関する申請やお問合せ窓口であるとともに、国内の利用出版者に向けた運用マニュアルの作成・配布、ガイドラインの教示をはじめとする運用方法についての啓蒙活動を行う役割を担っています。ISBNの正しい運用方法については、出版者記号登録出版者にお送りする手引書(最新版は「ISBNコード/日本図書コード/書籍JANコード 利用の手引き 2010年版」)、日本図書コード管理センターWebサイトおよび当センターへの電話問合せなどによってご照会ください。出版界と読者にとってISBNが価値ある識別コードとしての役割を果たせるようご理解とご協力をお願い申し上げます。

 ( 14件中 1 - 14件を表示 )

- CosmoNavi -